merryの独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS GWの旅 〜高野山編(2)〜

<<   作成日時 : 2011/05/12 22:17   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

お坊さんの朝は早いのです。
4:30からお堂の掃除にも参加できるとの事でしたが、さすがに疲れも溜まっていたので遠慮して、6:30からの勤行より参加する事に。

勤行後、恵光院の横にある護摩のお堂ににての祈祷
画像

荷物を預かってもらい、本日の観光「奥の院」へ

奥の院
高野山の信仰の中心であり、弘法大師さまが御入定されている聖地。正式には一の橋から参拝し、御廟まで約2kmの道のりには、おおよそ20万基を超える諸大名の墓石や、祈念碑、慰霊碑の数々が樹齢千年を超える杉木立の中に立ち並んでいます。

画像
一の橋

画像
参道に並ぶ墓石
五輪塔(だったと思う)と呼ばれ、下から「地、水、火、風、空(宇宙)」を現しています

画像
数え地蔵
どれだけ自分の前を通り過ぎ参拝して行ったかを数え、地獄に落ちた時にその人を助けてくれる、という言い伝えがあるお地蔵様です。
画像
中の橋
この下を流れる川は「三途の川」と呼ばれています。
昔、嵯峨天皇がこちらに埋葬された際、棺が京へ戻ろうと飛んだのだが、この川を越える事ができなかったため、この名前がついたらしい。
その時に、折られた、というの木もそのままの姿で残っています。
この橋を渡ったところにあるのが
画像
汗かき地蔵」(左)と「姿見の井戸」です
こちらの井戸は元々、弘法大師が開山した時に掘った井戸で、この井戸の水で目を洗うと眼病が治る。と言われていたらしいのですが、いつの頃からか「井戸を覗いて自分の姿が写らなければ3年以内に亡くなる」と言われるようになったらしい。あなたなら覗きますか?私は.....
ちなみに、参道の所々にある階段状のところでもつまずくと3年以内に亡くなる、と言われているそうです

ところで、参道の両サイドには大小、年代物の墓石が数多く並んでいます。その中には、戦国武将の墓石などもあり、いくつか紹介していきたいと思います。
画像
まずは、武田信玄勝頼親子(左)と宿敵、上杉謙信の廟(右)
ほぼ、参道を挟んで向かい合っている2つの墓石(廟)
高野山では敵味方なく、亡くなった方々を弔う習慣(宗教概念)があり、敵国として戦って亡くなった方々の墓石(碑)も数多くありました。
また浄土真宗の開祖、法然上人の墓石や、その弟子、親鸞の修行地といった宗派を越えたものもありました。
画像
こちらは豊臣秀吉の墓所です
高野山攻めを信長から命じられた秀吉ですが、そこで出会った客僧木食応其(モクジキオウゴ)の説得により、以後、復興援助を行うことになりました。
画像
意外と質素というか、その他大勢と変わらない気がした織田信長の墓石
高野山攻めを命令しておいて、高野山に墓所があるっていうのも何だかちょっと腑に落ちず.....

画像
さて、こちらはどなたの墓所でしょうか?
敵味方なく弔われる高野山、そうです明智光秀の墓石です
が、よく見てみると真ん中の丸い石に亀裂が入っています。こちらが最終的にいつ頃の墓石になるかは分かりませんが、江戸時代の文献には「修復するも再び亀裂が入る」というような文面が残っていて、他の墓石とは違い、何度も修復されては亀裂が入るを繰り返しているので「信長の祟りではないか?」と言われているそうです
画像
そして、こちらが一番大きな墓石で「一番石」とも言われている、現在NHK大河ドラマの主人公、お江こと崇源院のものです。高さ6m以上だとか?

他に伊達政宗や島津家や前田家といった戦国大名の名がずらり並ぶのに対し、企業の創始者や勤務中に亡くなられた方を慰霊する碑が建てられたりもしています。

【高野山豆知識】
基本的に「墓所」となっているのは遺骨などが入っている可能性が高く「墓塔」は可能性が低いと言われています。
では、先に紹介した戦国武将たちはそれぞれ菩提寺を持っているはずなのに?
ハッキリとしていませんが、高野山が庇護される様になると、そこに名があるのがステイタスになり分骨されるようになった、とか、大きな墓石になると2年もの歳月がかかるので、幕府の命令で大名の事業として墓石を建てさせられた、という説があるらしい。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ここには恐ろしか言い伝えがいっぱいあるとですね。merryさん井戸は覗かんやったとですか?、階段で躓いたら死ぬなら年寄りは連れて行けんやろ。
むっちゃん
2011/05/14 06:24
むっちゃんさま
ふふふ、神社仏閣に呪いは付きもの。
階段の段差は低いのですが、幅があるの歩幅に戸惑ってつまずくケースが多い様です。
merryは一応、どちらもクリア!?しました。
y-merry3
2011/05/15 18:54

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
GWの旅 〜高野山編(2)〜 merryの独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる