テーマ:

春先の新宿御苑

まだ、少し寒風が吹く3月後半、早咲きのを求めて、新宿御苑へ行って来ました。 千駄ヶ谷門を入って右手にある「大寒桜」は見頃を迎えていました。 下の池付近のヤエベニシダレも見頃で、こちらは水仙と競演です。 穏やかな陽射し桃の下では写生をしている人達も 日本庭園の奥では、ハクモクレンが、しっとりと…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

春を訪ねて ~河津桜~

旅の虫がウズウズし始めたところで春の訪れを感じに、伊豆の河津桜を見に行って来ました。 1955年(昭和30年)頃、飯田勝美氏(故人)によって偶然発見した河津桜は1966年(昭和41年)から開花が見られる様になると、伊東市に住む勝又光也氏が1968年(昭和43年)頃からこのサ…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

桜、サクラ、さくら紀行 ~秩父・清雲寺~

夜行バスで東京に戻り、そのまま写真サークルの撮影会に参加(AM5:00着、新宿に7:00集合でした) 向かった先は埼玉県秩父にある「清雲寺」 そこにある、樹齢600年にもなる枝垂桜を撮りに行って来ました。地元埼玉とはいえ、私も初めて訪れる場所です。 駐車場を抜けて目の前に見えたのは見事な紅白枝垂桜の競演でした 話には…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

桜、サクラ、さくら紀行 ~二条城~

ライトアップされている二条城へ こちらもチケットを購入するのに長蛇の列 二の丸御殿そういえば、二条城に来るのも十数年ぶりかも(ライトアップ時間はが咲く外側の庭園しか入れません) P.M6:00 まだ日没には早く「桜の園」にて日没を待つ事に ここには、いろいろなサトザクラが植えら…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

桜、サクラ、さくら紀行 ~平安神宮~

満開の天気の良い土曜日。多少は覚悟していましたが..... 噂に聞く平安神宮の枝垂桜を見たくて来たのですが、神苑に入るチケットを購入するだけでも長蛇の列。そして、神苑に入ると 目の前に広がる枝垂桜の見事さに感動するも、博物館の人気展示物を見るかの様な行列。 きれいな枝垂桜をゆっくりと撮影…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

桜、サクラ、さくら紀行 ~哲学の道・南禅寺~

「ようやっと初恋の人に会えました」は誰の台詞でしたっけ? 何度も訪れている哲学の道ですがの時期は初めて。訪れる度に「の時期に来て見たいなぁ~と思っていた場所です」 葉桜気味で、道の一部が桜の保護のため歩行禁止になって外側を歩く事になってましたが十分に楽しめました
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

桜、サクラ、さくら紀行 ~円山公園~

京都側に来ると先程までの寒さが嘘の様にパカポカ陽気 ホテルにチェックインして一息ついて、ライトアップしている円山公園へ 八坂神社の門をくぐってしたのが屋台が並んで宴会モードになっている事。こちらではよく見かけますが、京都の神社内で{%びっく…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

桜、サクラ、さくら紀行~比叡山延暦寺~

三井寺を後にして、一度行ってみたいと思っていた「比叡山延暦寺」へ 京阪坂本駅から参道の桜を見ながら坂本ケーブルカーの駅へ この坂本ケーブルカーは所要時間約11分、全長約2,000mと日本一長いケーブルカーです。 さて、本日の山頂付近の天気は?冬の気温じゃん!! 約1,200年前、延暦25年(806…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

桜、サクラ、さくら紀行 ~三井寺~

例の如く夜行バスにて東京を出発 約8時間の旅を終え、着いた先は京都駅。といっても今回まず行くのはお隣の滋賀県。 電車を乗り継いで向かった先は「三井寺」 京阪三井寺駅を出ると琵琶湖疎水の桜のお出迎え 三井寺は、正式には「長等山園城寺(おんじょうじ)」といい、天台寺門宗の総本山。平安時代、第五代天台座主・智証大師円珍和尚の卓越し…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

馬事公苑

この週末、満開のを迎えた東京都心部。 今年はちょっと足を伸ばして、東京世田谷にある「馬事公苑」へ見に行ってきました。 昭和の初期まで日本には総合的な馬事施設がなかたため、昭和15年に日本競馬会が創設・開苑し、昭和39年の東京オリンピックでは、馬術競技が行われた場所でもあります。 私も…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

六義園の枝垂桜(夜桜)

元禄8年(1695年)、五代将軍・徳川綱吉より下屋敷として与えられた駒込の地に、柳沢吉保自ら設計、指揮し、平坦な武蔵野の一隅に池を掘り、山を築き、7年の歳月をかけて築き上げられた「回遊式築山泉水庭園」 庭園の名称は、中国の古い漢詩集である「毛詩」の「詩の六義」、すなわち風・賦・比・興・雅・頌という分類法を、紀貫之が転用した和歌の「六体…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

にほんかい写真学校~桜を追って編~

福島潟周辺では残念ながらを見る事はできませんでしたが、少し山間に入るとまだまだは咲いていました。 にほんかい写真学校は地元の自治体が主催で、運営や撮影ポイントの確認等は、全てボランティアで行われています。(何名かプロの写真家が参加し、各ジャンル毎クラスの分かれて行動します) 私達は通称…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

長瀞の桜

渓流下りで有名な埼玉県の長瀞はの名所でもあります 秩父鉄道長瀞駅を出て、道沿いに行くとそこはのトンネルでした 車道を両サイドから覆うのトンネルはとてもきれいで、とても歩きでがありました。ただし、ちょっと残念だったのが、先に行けばいくほど、民家周辺の…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

毎年恒例の花見

今年も家から一番近いの名所「水元公園」へ行って来ました。 今年も丁度週末に満開を迎えました。 ここ水元公園の桜は、昔の堤に沿って植えられて「桜土手」とも言われています。 公園の中にはが植わっていないため(数本ありますが)の下で、お弁当を広げながら、とい…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more