テーマ:旅行

最果ての旅

本州最北端の地「下北半島」を旅してきました 海岸線に面して奇岩が並ぶ仏ヶ浦 本州最北端の地「大間崎」 7月とは思えない寒さでした。この時期、マグロ漁は行われていないため、売っているのは冷凍ものです。 三大霊場の一つ「恐山」 恐山を取り巻く8つの峰々の中心にある宇曾利湖の湖畔には風車で書かれた「平和」の文字が....…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

趣の森林浴

雨に濡れた木々に囲まれた庵 庵より庭を眺め静かに雨の音に耳を傾け、しばし喧騒を忘れる
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

GWの旅 ~一体何が!!~

さて、楽しく書いた旅行記ですが、実はこの裏にはある悲惨な出来事が これからは長くなるし、ひたすら今回の旅の愚痴になるので、興味がある方のみご覧下さい 今回の旅行ですが、何が(私的に)悲惨だったかというと..... まずは、乗車するバスでの事 通常、各方面1台づつ運行するの…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

GWの旅 ~南紀白浜編~

白浜到着も予定より遅れたため、ホテルに荷物を置いたら、急いで千畳敷へ 千畳敷と南紀白浜に沈む夕陽を狙ったのですが、残念ながら夕陽は見れず 翌日の天気予報はとりあえず、午前中だけでも、と願うばかり。 朝食後、タイミングよくが止ん…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

GWの旅 ~高野山編(3)~

御廟橋 ここからは、弘法大師が住む領域になるので、私語、写真撮影等が禁止になります 昔は、この玉川で身を清めてからお詣りしたそうですが、さすがに現代では… 水向け地蔵という訳で、お清めを代わってくれる仏様の像に水をかけて、お詣りをします。ちなみに、修行僧の方たちも、水行をここで行うそうです。 川の中に立て…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

GWの旅 ~高野山編(2)~

お坊さんの朝は早いのです。 4:30からお堂の掃除にも参加できるとの事でしたが、さすがに疲れも溜まっていたので遠慮して、6:30からの勤行より参加する事に。 勤行後、恵光院の横にある護摩のお堂ににての祈祷 荷物を預かってもらい、本日の観光「奥の院」へ 【奥の院】 高野山の信仰の中心であり、弘法大師…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

GWの旅 ~高野山編(1)~

大阪、難波より南海電鉄にて極楽寺駅へ出てケーブルカーに乗り換えて高野山駅へ。 途中から杉並木がうっそうと生えた中をは通るのですが、まさに霊域に相応しい雰囲気がありました。 高野山駅から10分弱、専用バスに乗って行くと、真言宗「総本山金剛峰寺」の入口です。 そして、その手前にあるのが女人堂です明治5年(18…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

旅に出ます

今年のGWは皆様どの様に過ごす予定でしょうか? 私は例のごとく、夜行バスを利用して今夜から旅に出ます。 行き先は..... 当初は東北のある場所を訪ねる予定でなどを手配していました。 が、今回の震災。どうするか悩んだ末、震災後もの復旧などが間に合いそ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

軽井沢旅行(2)

翌日は気持ちの良い天気奇岩が並ぶ「鬼押出し園」へ 1783年に起った浅間山の噴火の溶岩流が固まってできたのが「鬼押出し」 火口で鬼が暴れて岩を押し出した、という当時の人々の噴火の印象が名前の由来とされている(嬬恋村HPより) ついつい、正面の道へ行きがちですが、左回りが表参道です。こちら惣門になります…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

軽井沢旅行(1)

この1年間通ったデジタルカメラ講座も3月で終了(正確には今回の震災の影響で終了していませんが.....) その仲間たちと「卒業旅行」と称して、軽井沢へ行って来ました。 まずは「白糸の滝」へ向かいましたが、初日は残念ながら。ちょっと撮影モードにはならず 結局、{%雨webry%…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

河津七滝

先に紹介した河津桜を見に行く前にもう一つの名所「河津七滝(カワヅナナタル)」にも行って来ました。 私達は上流部から行く事にしたので、バスで滝の入口「水垂」へ向かいました。 河津名物「ループ橋」 クルクルと回りながら上って行くのですが、目が回ってちょっと気持ちが悪くなりました 結構、長い階段を下りて行くと最初の滝、岩肌が釜の…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

春を訪ねて ~河津桜~

旅の虫がウズウズし始めたところで春の訪れを感じに、伊豆の河津桜を見に行って来ました。 1955年(昭和30年)頃、飯田勝美氏(故人)によって偶然発見した河津桜は1966年(昭和41年)から開花が見られる様になると、伊東市に住む勝又光也氏が1968年(昭和43年)頃からこのサ…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

新宿御苑

東京のシーズンもラストスパート 数日前の風雨で葉が落ちてしまったか心配でしたが..... 新宿門から入るときれいな(携帯撮影) こちらは宴の後 穏やかな天候のもとたくさんの人たちが訪れていました 日本庭園の方では楓が最後の華を咲かせていました (12月5日撮影)
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

京都紅葉の旅 ~龍安寺~

続いて同行者の希望で、伏見稲荷から地図でいうと、対角線上にある「大覚寺」へ 数年前、やはりシーズンに来た時、夜、大沢池で行われた「観月の夕べ」という宴を見に来た事が… その催しに使用されているのか、牛車が置かれていました。大覚寺は紅葉は少なめでした。 【龍安寺】 1450年、徳大寺家の山荘であった…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

京都紅葉の旅 ~伏見稲荷~

紅葉からちょっと離れて「伏見稲荷」へ 【伏見稲荷大社】全国に3万社もあると言われる「お稲荷さん」の総本宮 大社の歴史は和銅4年(711)2月初午、稲荷山に大神様がはじめて鎮まられたことを起源としています。以来1300年にわたり、大神様の御神徳は全国に広がり、もともとの農業神から商業神、屋敷神へと拡大し、今日では五穀豊穣、商売繁昌、家…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

京都紅葉の旅 ~東福寺~

今年初めに訪れた際、秋に絶対に来ようと決めた場所。 例の如く夜行バスを利用して朝一番に行ったにも関わらず、既に長蛇の列。やはりスポットで、シーズン真っ盛りでは仕方がありません。 通天橋からの眺めは少し遅かった感じでしたが… 庭園の方へ下りて通天橋を眺めると、紅や黄色に彩られた紅葉が逆光に映えて、ものすご…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

鎌倉散策~葛原岡・大仏ハイキング~

久々に鎌倉散策へ 今回はコース的に丁度、最後に辿り着く「葛原岡・大仏ハイキングコース」に沿って行く事に 東慶寺1285年北条時宗夫人、覚山志道尼が開いた寺 現在は、臨済宗円覚寺派の禅寺ですが、駆け込めば離縁できる女人救済の尼寺として600年続いた事から「縁切り寺」とも言われています。 浄智寺鎌倉五山の四位に列せられる寺 …
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

富士山紅葉撮影 (2)

翌朝、空でしたが朝焼けが見られるかも?と淡い期待をして、カメラをセット。 しかし、2合目付近の上空がかすかに色付いた程度でした 「白糸の滝」 富士山の雪解け水が溶岩断層から湧き出して無数の滝をつくりだしています 白糸の滝と呼ばれる滝は、全国に何ヶ所もありますが、私はここが一番好きです 最後…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

富士山紅葉撮影 (1)

今年、初の撮影は富士山周辺にて。写真仲間達と行って来ました。 「富士北麓公園」駐車場周辺がきれいに紅葉 雲の衣をまとった富士山 樹海台展望駐車場から。さすがに2,000m近くになると寒い 富士山五合目にある「奥庭自然公園」 あまりに景色がいいので天狗が遊んだ庭という由来から天狗の庭(奥庭)といわれます。…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

GOLD

今年初の撮影 大きな懐に抱かれ、柔らかい陽射しを浴びるたちにささやかれ でささくれ立っていた気持ちが すこし、和らいだ気がします。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北京旅行 ~天安門・故宮~

3日目もよい天気 北京最後の観光は「天安門広場」と「故宮」です 始めに天安門広場に下りて既に何かの建物に入る長蛇の列。一瞬、これに並ぶのか?と思ったら、中国建国の父と言われている「毛沢東」の記念堂で皆お参りに来ているそうです。 【天安門広場】 東西300m、南北880mの巨大な広場で一説には50万…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

北京旅行 ~万里の長城~

そして今回メインの万里の長城へ 【万里の長城】 北京北部を東から西へ全長約9000km。司馬遷の「史記」に「万里余」と記されたのが名前の由来だが、その総延長距離は5万kmを超える。 春秋戦国時代に築かれた異民族や隣国の襲来を防ぐ土壁を、中国統一を果たした秦の始皇帝(前259~前210)がつなぎ合わせ、北側の国境地帯を守ったのが始ま…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

北京旅行 ~北京郊外~

メインの場所に行く前にもう少し、北京市内(郊外)を観光 【頤和園】 万寿山とその南に広がる昆明湖の総称。面積は約290万㎡で昆明湖の面積が3/4をしめている。周囲は8kmあり北京最大の皇家園林(皇帝とその一族の庭園) 1750年に清の乾隆帝が造営した庭園が前身。一時、廃墟化したが1888年に西太后が再建し「頤養沖和」という言葉…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

北京旅行 ~北京市内~

ある日TVに出て来た映像を見ての会話 私:これって宇宙()から見える建造物なんだって 母:そうなんだ 私:そう思ってから頑張って見ようと思ったんだけど見えなかったんだよ。だから、ちょっと行ってみたい所の1つなんだよね 母:そうねぇ、お母さんもこ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

長崎グルメ

私にしてはめずらしく、食い倒れしました。 やっぱり地元の案内があると違いますねぇ~ガイドブックに載っている店もいったけど、裏側にも美味しいお店が…… S子ちゃんのおすすめで「長崎の味」を食べさせてきました 左上「七輪焼き」エイヒレやキビナゴといった魚を七輪で焼いてたべました。 右上「ハトシ」海老のすり身をパンで挟んであげたも…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

長崎くんち

そして今回の旅行のメインイベントへ 【長崎くんち】 長崎の氏神「諏訪神社」の秋季大祭で、奉納踊は国指定重要無形民俗文化財に指定されています。 1634年に、当時の太夫町(後に丸山町と寄合町に移る)の二人の遊女が、諏訪神社神前に謡曲「小舞」を奉納したことが長崎くんちの始まりと言われています。 以来、長崎奉行の援助もあって年々盛…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

長崎観光 ~龍馬を訪ねて~

大河ドラマでブームの「坂本龍馬」 出身は土佐(高知)のはずなのに、長崎市内のこの盛り上がりは何?と思うくらい、龍馬があちらこちらに。 もっとも、龍馬の人生の中で重要なポイントとなる事柄は長崎で行われたりもしているので、資料も多く残されている上、多分、演じる俳優Fの出身が長崎なのも影響しているんだろうなぁ~ まずは、龍馬の銅像が…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

長崎旅行 ~長崎市内観光~

十数年前に長崎に来た時は、時間がなくてで市内観光をしたから、細部をほとんど覚えていない。 今回、中華街の「新地」に行ったら「こんなに小さかったけぇ?」って感じたのもそのせいだと思う..... 【出島】 江戸時代、日本が鎖国政策をひいた際の唯一、外国人(オランダ人)の居住が許され…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

長崎旅行 ~軍艦島~

長崎県にある炭鉱の島「端島(はしま)」別名「軍艦島」 南北約480m、東西約160m、周囲1,200m、という小さな島ですが、海底炭鉱の島で、塀が島全体を囲い、高層鉄筋アパートが立ち並ぶ外観が軍艦「土佐」に似ていることから「軍艦島」と呼ばれるようになりました。 閉山後、島はそのままでしたが2009年1月5日に世界遺産暫定リストに掲載…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

日本一のもぐら駅「土合駅」

翌日も結局は 奈良俣ダムに行ってみるもみるみる靄に隠れ、撮影している私も靄の中に そんな訳で外の景色を撮影するのも大変なので、昨日会った友人に面白い場所を教わりましたので、行ってみる事に JR上越線の「土合駅」 ここの何が面白い?「モグラ」って?まずは写真をご覧下さい。 下り(新潟方面)ホームは…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more