テーマ:美術館・博物館

横浜元町・山手

昨年も見に行った友人のピンホール写真展 今年も横浜山手の洋館にて開催されたので観賞しに行きがてら、近辺を散策して来ました(今年の撮り初め) 元町商店街 2004年にみなとみらい線が開通すると、さらに賑わいをみせています ウチキパン 明治21年創業の老舗の屋さん。 美味しいパン屋で人気があり、丁度昼時だ…
トラックバック:0
コメント:13

続きを読むread more

バービー展

1959年ニューヨークのトイ・フェアでデビュー。完璧なプロポーションと最先端のファッションを着こなし、たちまち女の子達を虜にした「バービー人形」 50周年Anniversaryとして松屋銀座で開催中(27日までですが.....) コレクターの協力を得て、初代から現代までのバービーやその仲間達が約300体やポスター等が展示されてい…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

写真展終了

先週17日から始まったサークルの写真展が、昨日、無事に終了致しました。 2回目の今回は、飾り付けから撤収まで、全て自分たちで行いました。といっても、両方とも手伝えず、全てメンバーにお任せしてしまった次第でしたが..... 年の瀬のお忙しい中、たくさんの方に足を運んで頂いた様で、私個人でも久しぶりの友人…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

写真展の案内

サークルの仲間達と写真展を行います。 「AfterSunset BeforeSunrise 」と題して、 、イルミネーションなど、 夜の時間にスポットを当てた作品です。 日付:12月17日(金)~23日(木) 時間:10:00~18:00(最終日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

皇室の文庫 書陵部の名品展

皇居東御苑内にある三の丸尚蔵館で開催されている「皇室の文庫(ふみくら) 書陵部の名品」を見に行って来ました。 皇室の歴史と文化的伝統を具象する書陵部の図書、記録、考古品等を、初めてまとまった形で広く一般に紹介するものです。(HPより) 入館してまずは古典部門 日本書紀や源氏物語、竹取翁并かぐや姫絵巻物、伊勢物語など昔、古典…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

上村松園展

明治、大正、昭和に掛けて活躍した日本画家 女性の目を通して生涯「女性(美人画)」を描き続けた ある時偶然見かけた1枚の絵に一目惚れした私は再び会うために、国立近代美術館で開催されている「上村松園展」を訪れた 最初は初期の作品。広々とした館内に掛けられた彼女の絵はまさしく美人揃い。市井の女性達に寄り添い、優しいまなざしで描か…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

大哺乳類展 ~海のなかまたち(2)~

続いては、その他の海に住む哺乳類たち。そして、環境問題等が提示されています。 左上から時計周りで「ラッコ」「ミナミゾウアザラシ(メス)」「セイウチ」「トド」です これらは全てヨーロッパの大航海時代に乱獲され数が減って絶滅の危機にさらされましたが、現代の保護政策の下、数を取り戻してきました。 しかし、ここにきて地球温暖化等により…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

大哺乳類展 ~海のなかまたち(1)~

前回の「陸のなかまたち」の続編、国立科学博物館で行われている「海のなかまたち」を見に行って来ました。 海の哺乳類といえば、クジラやが代表的 彼らは一旦、陸に上がって再び海にかえったと考えられています。そのため彼らの始祖、発見された化石はの様に4本足だったのです。 クジラは口の中…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

大哺乳類展~陸のなかまたち~(2)

前回の(1)で紹介できなかった、面白い?写真を載せてみました (1)に載せた化石の復元図です。 サイ類の先祖の様に見えますが、ウマ類の方が近いそうです ハダカデバネズミを狙うコビトカバ同じアフリカ大陸に生息しますが、ハダカデバネズミは北部、コビトカバは西部なので、実際にはこんな姿はみられません
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

大哺乳類展~陸のなかまたち~(1)

上野の国立科学博物館で開催されている「大哺乳類展」へ行って来ました 陸の動物たち(哺乳類)の進化を化石や剥製、骨格などを通して展示されています 現在の哺乳類の祖たちの化石たちですが、ここに展示されている種はほとんどが絶滅していて、時を経て枝分かれしていった種が現在に続いているそうです。 動物の剥製が特徴や種類ごとに展示…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キトラ古墳壁画特別公開

今回、一番の目的はここ 「キトラ古墳壁画四神特別公開」が行われています NEWSにもなっていたので、ご存知の方も多いかと思いますが、高松塚古墳の壁画劣化を受けて、キトラ古墳の壁画も剥ぎ取られる事になり、2004年から剥ぎ取り作業が始まりました。 修復された四神たちは順次公開されてきましたが、この度、最後の朱雀の修復が終了したので、…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

ボストン美術館展

六本木の森アーツセンターギャラリーで行われている「ボストン美術館展」へ行って来ました ボストン美術館は公的資金が投入されず、市民や篤志たちからの寄付や寄贈で運営されている世界でも稀な美術館です。美術品など45万点以上を所蔵する中、西洋絵画80点が今回、来日しています。 展示は年代ごとではなく、作品のテーマごとに展示されていま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キューピー展

世界で愛されるキャラクターの1つ。日本ではマヨネーズでお馴染みの「キューピー」 この愛らしいキューピーの生誕100年を記念して、銀座松屋で開かれていました。 以前、買い物をした時に招待券を頂いていたのですが、ですっかり忘れてしまい、気が付いた時には既に最終日近く、慌てて行って来ました{%恥ずかしい…(アセア…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山陰の旅 ~鬼太郎の世界へ~

JRを利用すればもう少し簡単に行かれたと思うのですが 先に紹介したフリーパスで米子空港まで出て、そこからJRで境港駅へ出て「ゲゲゲの鬼太郎」の世界へ行って来ました。 境港駅を出ると早速のお迎えです 執筆をする水木しげる先生と鬼太郎たち 駅前の直線道路が「水木しげるロード」と呼ばれ、水木しげる記念館までの約800mの両脇にはの…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

山陰の旅 ~足立美術館~

松江市内からちょっと足をのばして「足立美術館」へ こちらの目的は何と言っても美しさ6年連続日本一、そしてフランスの旅行ガイドブック「ミシュラン」で三ツ星に輝いた「庭園」を見る事。しばしその庭園の美しさを、つたない写真ですがご覧下さい。 入口を入ると目の前にこの景色がまず飛び込んで感激{%顔文字喜びh…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

黄金の都「シカン展」

今週末と来週末の2週続けてちょっとハードな旅行に出掛けます。 行ったからにはいろいろと行ってみたい、とつい欲張ってしまうため計画中の現在、現地の時刻表などとにらめっこしている最中です。 その前に、ようやく時間ができたので上野の科学博物館で行われている「シカン展」に行って来ました。 南米に栄えたインカ帝国のルーツと言われてい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ペコちゃんミュージアム

キティちゃんやキューピーちゃんと並んで日本で愛されているキャラクター不二家の「ペコちゃん」 1950年に店頭へ登場して来年で60周年になるのを記念して、期間限定で「ペコちゃんミュージアム」が開催されていました。 歴代店頭に並んだペコちゃんから懸賞品やポスターが並べられていました。 クリスマス{%クリスマスツリーwebr…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

トリノエジプト展

先月の「海のエジプト展」に続いて、東京都美術館で開催されている「トリノエジプト展」へ行って来ました。 カイロのエジプト博物館やイギリスの大英博物館、パリのルーブル美術館などと比肩するほどのエジプト・コレクションを擁するイタリアのトリノ・エジプト博物館 「アメン神とツタンカーメン王の像」が初めて館外出品されるほか、1824年の博物…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

江戸東京博物館~常設展~

写楽展を見た後、常設展へ 常設展の入口(6階)を入ると、まずは「日本橋」を渡ります 「書物問屋」先程見てきた錦絵や浮世絵はこんな風にして売られていたんですね!! デパートの先駆け「三井越後屋」 両国橋西詰の風景 江戸歌舞伎の代表演目「助六」の一場面 明治時代の銀座煉瓦街の風景 浅草にあったという「凌雲閣」1890年(明…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

「写楽 幻の肉筆画」展 ~江戸東京博物館~

謎の浮世絵師「東洲斎 写楽」 彼の肉筆画がギリシャで見つかり”初公開”という事で、江戸東京博物館へ見に行って来ました。 ギリシャの小さな島、コルフ島に1世紀近く眠っていた東洋美術の数々のコレクション。 これらはウィーンなど各地の大使として活躍し、赴任先で日本美術の蒐集に全てを注いだグレグリオス・マノスによって寄贈されたもの。し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

海のエジプト展

古代エジプト、プトレマイオス王朝最後の女王クレオパトラが愛し、に沈んだ伝説の都「アレクサンドリア」 栄華を極めたエジプト王朝最後の都、アレクサンドリアを含めた3つの都市は幾度かの地震や津波に遭い、8世紀頃の大地震によって完全に海の底へ沈んだと考えられています。 存在自体は文献などで知られていはいた…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

大恐竜展

国立科学博物館で行われている「大恐竜展」へ行って来ました。 今回の恐竜展は南半球を中心に近年新しく発見された恐竜が展示されています。 以前は写真撮影はダメだったはずだけど、今回行ったら、フラッシュ撮影と動画撮影でなければOKでしたので、いろいろ撮影してきましたぁ~ クリオロフォサウルス(冷凍のトサカトカゲ) 南極大陸…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

阿修羅展

国立博物館で行われている「阿修羅展」へ行って来ました。 の帰りに行ったのですが、入場まで30分待ち(ちょっと前に行った人が1時間待ち、と言っていたし、実際はそこまで待ちませんでした) ゆっくりとメインの阿修羅像を見たかったので、順番が逆になりましたが、第2会場の方から入り、四天王像やバーチャリティーシア…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ダーウィン展

国立科学博物館で行われている「ダーウィン展」に行って来ました。 ダーウィンの生い立ちから、ビーグル号に乗って世界一周をし、彼を世界中に知らしめた「進化論」を発表するまでを年代ごとに展示されています。 進化論に対する世間の評価が低く、認められ難かった事や裏付けの研究がまだまだだった事もあり、慎重に慎重を重ねた結果、発表に20年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東山魁夷展

国立近代美術館において日本画家の東山魁夷生誕100年展が開催されています。 知識程度に有名な絵は知っていて特に観に行く予定はなかったのですが、先日、母が行って来て感想を聞いたら「やっぱり行ってみるか!!」と帰り、夜間20:00(入館19:30)までを利用して行って来ました。 もちろん、本物を見るのは初め…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more