テーマ:お祭り

ほおずき市

下町、浅草の夏の風物詩「ほおずき市」 ほおずき市は、芝の愛宕(あたご)神社の縁日に始まり、観音さまの功徳日にならい四万六千日と呼んでいたのですが、やがて「四万六千日ならば浅草寺が本家本元」とされ、ほおずきの市が浅草寺境内にも立つようになりました。 大提灯の雷門をくぐって仲見世通りを過ぎると、ものすごい参拝客の列。 月に…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

酉の市

話が前後してしまいました 毎年、11月の「酉の日」に行われる「酉の市」 今では、各地の神社でも行われる様になったみたいだけど、やはり「おとりさま」と言えば、浅草の「鷲神社」 今年は11月5日、17日、29日の3日間、三の酉までありましたが、17日の二の酉に行って来ました。
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

勇壮、青森ねぶた祭り

東北三大祭りの1つ「青森ねぶた祭り」 夜行日帰りで、ちょっと強行スケジュールでしたが、1度見てみたいと思っていたのでツアーに参加して行って来ました。 が降ったり止んだりのあいにくの天気でしたが、始まりの(合図)と共にハネト呼ばれる人たちが、一斉にかけ声を挙げてスタートしました。 ハ…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

入谷 朝顔市

東京下町、夏の風物詩「入谷鬼子母神 朝顔市」 例年は7月6日~8日に行われますが、今年はサミット警備の関係で18日~20日に行われました。 鬼子母神様の前には約50店が出店していろいろな種類の朝顔が並んでいます。 が、「朝顔」なので、夜会社帰りに行った私たちの見た「朝顔」は既に閉じてしまっていました。かろうじて咲いていたの…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

山王まつり~神幸祭~

6月7日~17日まで行われている日枝神社の山王まつり。 その祭りの行事の一環として、神威ひときわ輝く御鳳輦二基・宮神輿一基・山車三基が、王朝装束に威儀を正した総代役員や氏子青年に供奉されながら、氏子区域を巡幸する「神幸祭」が13日に行われました。 8:00に日枝神社を発ち日本橋を経由して銀座に着いたのは15:00過ぎ 先頭のお…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

越中八尾「おわら風の盆」

9月末、富山県八尾町(現富山市八尾町)で行われる越中八尾「おわら風の盆」を見に行って来ました。 本来は9月1日~3日に行われるお祭りですが、旅行会社の貸切企画ツアーが出ていたので参加しました。 19:00、町内のメイン通りと昔ながらの町並みが残る諏訪町通りを3区間に分けて、各町会の踊り子たちがお囃子に合わせて踊り始めました。 …
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

お伊勢さん参り

どこまで足を伸ばすのか? 伊勢に出て「お伊勢さん」参りです。 まずは、外宮こと豊受大神宮 外宮前の道路に観光バスがずらりと並んでいたので、こんなに観光客がきているのぉ~とビックリしたのですが、中に入ってみると 背中に「伊勢」と明記された白装束の人達がたくさん参拝しています。 私自身の参拝も終わら…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

神田明神祭

今年は「神田祭」の本祭の年。 5月10日~15日まで各神事が行われ、12日・13日と神田明神を氏神とする東京の中心、神田・日本橋・秋葉原・大手丸の内・旧神田市場・築地魚市場などの108町会がそれぞれの神輿を担いで巡行します。 「天下祭」と知られる神田祭りは江戸時代に始まり、当初は毎年行われていましたが 赤坂にある日枝神社の「山王祭…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more